素直になれたらと思っても、なかなか素直になれなくて

Home » 素直になれたらと思っても、なかなか素直になれなくて

からだと心を整える

トータルマザープランナー安藤みずえです。

 

あなたは、素直ですか?

それとも、素直になれないですか?

 

 

これまでの3人の子育てを振り返り

手を焼いたことと言えば

 

注意しても

言うことを聞かないでした。

 

上の子が思春期になると

反抗期が順に入れ替わり

7~8年続きました(-_-;)

 

一言素直に「はい」がない…

あー言えばこう言うばかり

 

実際私自身、子どもの頃は年中反抗期で

親の言うこと聞かなかったので

当然自分に返ってきます。

 

今頃になって、親の気持ちを

ひしひしと感じています。

 

その一方、施術にいらっしゃる方が

お伝えした通りに

毎日体操とウォーキングを実践されると

回復がとってもスムーズです。

 

ぎっくり腰再発予防のため

せっせと取組まれると

腰痛改善だけではなく

140以上あった血圧が120に下がったと

ご報告いただきました。

 

からだの仕組みを知っていると

当然なのですが、

やっぱり素直に実践される方はお得ですね。

 

(私自身猛省し、素直に実践強化しております)

 

でもね、どうして素直になれないのでしょう?

 

言われたことに対して

頭の中に抵抗感が湧いてきて

「でも」「だって」

「どうやったらいいかわからない」

「納得しないと動けない」

 

その上、

「言われた通りにすると負けた気がする」

「人の思い通りになりたくない」

 

もうこうなると

「あの人に言ってもムダ」

「ほっとけ」

「腫れ物扱い」でしょう

 

自分が上から目線で見てることも

気づいてない

(劣等感を隠すため、上からになりやすい)

 

この捉え方は、子どもの頃に種があります。

 

例えば、【第一子】

親にとって初めての子なので

手探り、慎重、丁寧に育てられるでしょう。

 

それが、ある日突然

弟妹が生まれると

今までいた自分の天下が

奪われたように感じます。

 

親目線で見ると

そんなことは決してないのです。

 

しかし、いじけて拗ねたままの

子どもの心の自分を内包して

大人になっていたら

 

【私が我慢すれば】

 

素直になれないかもしれません。

 

そんな時は、どうしましょう?

 

「もっともっと幸せになれる」第一子長女会に参加しませんか?

 

いじけて拗ねたままじゃ幸せも遠のきますよね。

素直になりたくても、

なかなか素直になれない第一子長女の皆様

ご参加お待ちしております。

 

「もっともっと幸せになれる」第1子長女会

開催日時 7月29日(月)20:30~22:30

ZOOMオンラインシステムを利用して開催いたします。

参加費¥2,000

定員8名

⇒お申し込み先

お申込みいただいた方に

詳細ご案内いたします。

おすすめメニューはこちらから

お気軽にご相談ください。30分初回無料カウンセリングはこちらから↓

https://karadacocoro.com/first-counseling/

Road to mom(母への道) 育てにくい子の育つ力を引き出す5つのヒント↓

https://karadacocoro.com/road-to-mom/

カラダを根本的に楽にしていきたい方はこちらから↓

https://karadacocoro.com/about-operation-menu-and-contents/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top