こんばんは
身体と心を整えるトータルマザープランナー
安藤みずえです。

骨格調整とフラクタル心理カウンセリングを
行っております。

カウンセリングのご感想とご質問をいただいたので
ご紹介させていただきます。
(フラクタル心理学未受講の方です)

・・・・・

先日は、カウンセリングありがとうございました。

日常で使える〇〇のワーク、
宿題も出していただき、
改善できるんだという自信が少しついてきました。


夫のブチギレ、発達障害からくる不安が、
〇〇からとは思っていなかったので、驚きましたが、
逆に自分の中に直せるものがあると知れたのは良かったです。

⇒人は鏡、周りの人は自分の深層意識を
鏡のように写し出す存在と考えます。
つまり、自分を変えていくことが先です。

ところで「悔しくても相手が正しいとしたら?」
と考えたとき
のことで質問があります。

私の上司に「事務所が寒い」と言うと、
上司は「寒くないよね?!」と言ったり、

「トレーラーの音がうるさくて耳栓している」と言うと
上司は「耳栓するほどうるさくないよね?!
そうだよね?!」
と言ってきます。
こういうときどう回答していいのか分かりません。


・・・

ご相談者様に
「相手が正しいとしたら?」
と考えてくださいね

とお伝えしましたが、
「悔しくても」がついていました。

どう回答するのがいいかという
ご質問をいただきましたが
その前段階の部分を解説します。


自分が言ったことに対して
上司に反対or否定的なことを言われるという内容ですね。


①そもそも、自分が人の意見や考えに対して

反発心や否定したくなる気持ちを常に感じていないか?
(言う言わない関係なく、思ってるだけでも同じこと)

最初に自分の放った思いが
ブーメランのように返ってきただけ。
変えるのは、まず自分からです。

自分が正しい、自分が一番の思いが
強すぎる傾向があります。

だからこそ、相手が正しいとしたら?
という問いを立て、
視野を広げるために

新しい脳の回路を作ることが必要です。

②感覚過敏、聴覚過敏の人の傾向
一般的ににぎやかなパーティ会場の中で
知人の声だけに焦点を当て聞くことができますが、
そうではなく、どの音もすべて均等に聞こえてしまうことや、
聞こえ過ぎる音域があると思います。

その一方、
私に合わせてよ>周りに合わせる

はありませんか?

無意識レベルで、
私に合わせての分量が多い人ほど

感覚過敏になる傾向があります。

なんでもやりすぎ、分量が多いと悪になります。
私に合わせて(=自己中心的)の分量を減らし
自ら人に歩み寄ること、
相手の立場になって考えること

人に合わせる分量を増やしましょう。

③そして、悔しくても相手が正しいとしたら?
と考えたときについてです。

悔しくてもが最初につくのは
=子ども心が相当怒っています。
(心の中には、大人の心と子どもの頃の心を持つ自分がいます)

負けたくない、
言うことききたくない、

自分が絶対一番正しい、
私にどうして合わせてくれないの?
と子ども心が怒りまくりなのです。


自分を変えたくない、
このままでいいでしょ

なんで変えなきゃいけないの
=成長したくない思いでいっぱいです。

しかし、問題が起きて
うまくいかない場合は
今までのやり方を変える時です。

そんな時は、まず怒りを感じた
最初の記憶のタネとなるシーンへ
誘導瞑想※して
子ども心の勘違いを紐解いていきます。

信じ込みや思考パターンの修正を行い
行動を変えていくと
現実が動き出します。

※誘導瞑想とは、カウンセラーのガイドで
子どもの頃の記憶にアクセスする手法で
インナーチャイルド療法と呼ばれます。
通常2時間のカウンセリングで行っております。



悔しくても~の思いがある間は、

感情が邪魔をして
どんなにいいアドバイスも
心の奥には届かないでしょう。


怒りはパワー、エネルギーの塊です。

このエネルギーを怒りじゃなくて
望む未来を創る力に使えるといいですね。

子どもの頃の心を
大人の自分が育てていきます。

はじめての方は、
初回無料カウンセリングから
お問い合わせください。

 

おすすめメニューはこちらから

お気軽にご相談ください。30分初回無料カウンセリングはこちらから↓

https://karadacocoro.com/first-counseling/

 

カラダを根本的に楽にしていきたい方はこちらから↓

https://karadacocoro.com/about-operation-menu-and-contents/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top