子どものことで一喜一憂しない

Home » 子どものことで一喜一憂しない

からだと心を整える

トータルマザープランナー安藤みずえです。

 

昨日は、娘の高校の保護者向けの集まり

卒業生保護者からお話を聞く会で

司会進行役を務めてきました。

 

参加者80名様、

卒業生のお母様と卒業生の方に

お越しいただき、大学受験に向けて

インタビュー形式でお話を聞く会でした。

 

その中で特に印象に残った言葉

「子どものことで一喜一憂しない」

について書きますね。

 

これは、大学受験に関してだけではなく

子育て全般に共通します。

 

子どものことで感情が動き、

一喜一憂すること

私は多かったです。

 

あなたもそうですか?

 

ある意味これは自然な反応と思います。

 

しかしそれが、

子どものことで親自身がつらい時

どうしていますか?

 

極力顔に出さないように

口に出さないようにしていても

心の中で思っていたら

子どもにバレてしまいます。

 

そうしたら、子どもも

親の反応を感じてつらくなりますよね。

 

(息子の悩みが解決していくと

母さん機嫌いいねと言われました。

=それまでは、いつも機嫌悪かったようです)

 

子どもが大きくなっても

子どもと一心同体のような感覚でいると

母子分離ができていないかもしれません。

逆に言うと悩みや問題を起こしていれば、

いつも子供に構っていられます(-_-;)

 

それでは、いつまでも自立せず

親に依存し続けますよね。

 

感情が動くのは自然ですが、

コントロールできないほど一喜一憂したら

感情を動かすことが

目的になっていないか

疑ってみましょう。

 

極端に振れ幅が大きい時は

自分軸ではなく、子ども軸になっていますよ。

 

本来ならば子どもが成長し、

親元から巣立っていけるように

育てていけるとよいですよね。

 

そして、感情が極端に動きそうな時ほど

衣食住で日々の暮らしを整えましょう。

 

あたりまえに生活環境を

淡々と整えることです。

 

そして、思春期過ぎたお子さんなら

あえて任せてやらせてみる。

自分で考えて判断、責任とる練習。

失敗しても自分で立ち上がれるようにね。

 

子どものために何かしてやるよりも

自分自身のやること(仕事や家事)に

集中していれば

 

子どもに必要以上に

構い過ぎなくなります。

 

心配よりも

信頼してお口チャック(^^)/

 

もしこれらがうまくいかない時は

あなた自身の中の

子どもの時の心が

もっとわかってほしかったと

感じています。

 

カウンセリングでは

この子どもの心と向き合って

育てていきますよ。

 

1人でうまくいかない時は、

個人カウンセリング(お試しセッション)から

お問合せくださいね(^^)/

 

講座お茶会ご案内

コミュニケーションのつまずきから一歩抜け出す

おとな凸凹お茶会 ⇒ 詳細こちらから

7月20日(土)10~12時

※アスペルガー子育て体験談お話させていただきます。

 

新もっと夫を好きになる3つのチェックポイントと

幸せ家族の作り方講座 ⇒ 詳細こちらから

7月20日(土)13~17時

 

もっともっと幸せになれる第一子長女会

⇒ 詳細こちらから

7月29日(月)20:30~22:30

オンラインZOOM開催

 

人を変える魔法講座

⇒ 詳細こちらから

8月31日(土)10~12時

 

おすすめメニューはこちらから

お気軽にご相談ください。30分初回無料カウンセリングはこちらから↓

https://karadacocoro.com/first-counseling/

Road to mom(母への道) 育てにくい子の育つ力を引き出す5つのヒント↓

https://karadacocoro.com/road-to-mom/

カラダを根本的に楽にしていきたい方はこちらから↓

https://karadacocoro.com/about-operation-menu-and-contents/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top