からだと心を整えて

10年先の未来を創る

トータルマザープランナー

安藤みずえです。

 

しばらくブログを休んでおりました。

久しぶりの更新です。

 

師走になり、気忙しさを感じます。

あなたはいかがお過ごしですか?

 

私は10月からフラクタル

心理カウンセラー養成講座、

11月からメディカルスタッフコースを

再受講していました。

 

そして、紙1枚にまとめる伝わる思考整理術

「1枚」フレームワークのインストラクター研修を

受けていました。

 

この期間、お客様により良いサービスを

お届けするためブラッシュアップに努めました。

少しずつお伝えさせていただきますね。

 

さて、今日のタイトル

「人間関係に疲れを感じたら、自分と向き合うとき」

 

ひと言でいうと

自分が自分を理解し、ちゃんと向き合っていると

人間関係はスムーズになります。

 

つまり、自分が自分を無視していると

自分と仲良くなれていません。

 

自分への向き合い方が、そのまま外側の世界

人間関係につながります。

 

人間関係に疲れを感じたら

自分と向き合う時間を持ってくださいね。

 

例えば、頭の中に10人の小人がいるとします。

①やる気満々ポジティブ小人2人

猪突猛進イケイケゴーゴー

 

②どっちでもいい日和見小人6人

思考パターンを修正するときは、

この小人に働きかけ

日和見からやる気を上げていきます。

 

③やる気ない後ろ向き小人2人

すねてふてくされ、でもだってと

めんどくさがりです。

自分と向き合うときは

この小人たちにアプローチ、

信頼関係を築きます。

 

そこから思考パターンの修正を

行うとスムーズです。

 

そして、体の不調や病気を作りやすい無自覚の思考

人間関係うまくいかない種が

ここにあたります。

 

発達障害を作る思考の棚は

この小人の数が多く強力です。

使い方を変えれば

とてもパワフルになります。

 

 

ところで、自分が何を感じているか

どうしたいのか、

わからなくなっていませんか?

 

 

正論わかるけど

気持ちがついていかない

 

頭でっかちで動けない時

ありませんか?

 

 

ネガティブな感情もジャッジせず

そう感じているねと受け止めます。

 

そして、望んでいるものを

自分が自分に与えていきましょう。

 

これを人に求めるとこじらせます。

 

子どものころは親に求め、

大人になるとパートナーに求めがち(-_-;)

 

誰かをあてにせず、

自分にエネルギーを注力すると

すねた③小人が元気になり

現実が動き出しますよ。

 

これがとっても大事で

私自身抜け落ちていました。

 

1枚フレームワークを書きながら

このプロセスを経てきました。

 

自分一人で難しい方は

お試し無料カウンセリング30分

お問い合わせくださいね。

 

ここから先に一歩進む

ヒントが見つかりますよ

 

 

 

おすすめメニューはこちらから

お気軽にご相談ください。30分初回無料カウンセリングはこちらから↓

https://karadacocoro.com/first-counseling/

 

カラダを根本的に楽にしていきたい方はこちらから↓

https://karadacocoro.com/about-operation-menu-and-contents/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top