眠れなくて不安になる時

Home » 眠れなくて不安になる時

こんにちは。

身体と心を整えるトータルマザープランナー

安藤みずえです。

 

今日は不眠について

ご質問をいただいたので

お届けいたします。

 

・・・

 

最近ぐっすり眠れていますか?

 

寝つきが悪い、寝付くのに時間がかかる

夜中や明け方に目覚めると

そこから眠れなくなる。

 

6~7時間眠れると理想的ですが

不眠が続くとお辛いですよね。

 

ましてや、今夜は眠れるかどうかなど

不安になることもあると思います。

 

夜中に目が覚めて

またそこから眠れなくなったらどうしようと

 

気持ちが焦り、緊張すると

余計眠れなくなって

悪循環ですよね

 

朝の目覚めがスッキリせず

日中頭がぼーっとして

身体が重くなることもあるでしょう。

 

そんな時は、呼吸法や自律訓練法も

よいですよ。

 

・・・

 

そもそも、不眠や眠りが浅い方の

特徴は

 

①首、肩、頭皮の緊張状態が強い

 

②運動不足、歩行不足

 

③気になることがある

 

・・・

 

3月からの自粛モードが続いていると

身体を動かす機会が減るので

 

体が硬くなり

動きが悪くなります。

 

そこで①②に対しては

ウォーキングと頭を冷やすことを

おススメしています。

 

体内の細胞は活動することで熱を生み出し

汗や尿で放出するように

できています。

 

しかし、体内の熱循環がうまくいかないと

脳の深部に熱がこもり

不眠や夜間頻尿の原因になります。

 

そこで、こもった熱を捨てるのに

最も効果的なのはウォーキングです。

30~40分くらいの

連続歩行がおススメです。

 

そして、頭の中があれこれ気になったり

不安なときは脳が活発に働いています。

 

そんな時は脳をクールダウンしましょう。

頭寒足熱です。

 

当サロンでは、頭部の冷却に最適

安眠水枕S-sleep(エススリープ)

を取り扱っております。

 

長年不眠でお悩みのお客様に好評です。

サロンにお越し頂いた際に

お試しいただけます。

 

これからの季節お勧めいたします。

お気軽にお問い合わせください。

 

そして、③気になることがある方についてです。

 

・眠れないから不安になるのか

(眠れたら不安がなくなる)

・眠れても不安がなくならないのか

どちらでしょう?

なぜ不安になるのか

根っこを書き出して

深堀りするとよいですよ。

 

例えば、自分で自分の身体が

コントロールできないと

不安になる場合

 

裏を返せば、

誰かに安心させてほしい

と心の奥で思っている


昨今の、先の見通しが立たない状況では

この不安が余計に増強されます。


少々大げさに言うと

不安の大きさと依存心は

比例傾向にあります。

 

まずは積極的に歩くこと(人の少ないコースや時間帯)

身体を動かすことを取り入れると

 

自分の身体をコントロールする

きっかけになりますよ。

 

そして、

気になる症状から

身体の声を聴く

体内誘導瞑想を行っています。

 

これは、目を閉じていただいて

ガイドをしながら

軽い瞑想状態に入り、

身体と心のつながりを紐解き

症状改善をサポートします。


今回、モニター様
30名募集いたします。

モニター価格60分¥3000(税込)

(通常¥13000)

 

さらに、アラフィフキャンペーン

45~55歳女性限定

モニター価格60分¥2000(税込)

ご案内いたします。


下記お問い合わせフォームより

モニター希望と年齢明記の上お申込みください。

 

ぐっすり眠れて心身健康であると

余裕が出てきて気力も湧いてきます。

まずは自分自身を大切になさってください。

おすすめメニューはこちらから

お気軽にご相談ください。30分初回無料カウンセリングはこちらから↓

https://karadacocoro.com/first-counseling/

Road to mom(母への道) 育てにくい子の育つ力を引き出す5つのヒント↓

https://karadacocoro.com/road-to-mom/

カラダを根本的に楽にしていきたい方はこちらから↓

https://karadacocoro.com/about-operation-menu-and-contents/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top