子どものことを心配したらキリがありません。

寝坊しないかしら

時間に間に合うかしら

まともなもの食べてるかしら

友達とうまくやれてるかしら

 

このような思いもある一定量溜まると

プチ呪いに化けて現実化します。

それは困りますよね。

 

それではなぜ、心配ばかりするのでしょう?

①心配、不安でいることが標準モード

起きてもいないことをふくらませている

必要なことは、対策を立てる

 

②困った人がいると

自分が役に立っているようで

本来自分が向き合うことをやらなくて済む

 

③年齢が大きくなっても

心配性が続く場合

自分が子離れしたくない

 

子どもがかわいいのはあたりまえ

しかし、自分の思い通りにしたい、

子どもに構っていたい思考が溜まると

 

子どもはずっと家にいて

社会に出ていかなくなるでしょう

 

かわいい子には旅をさせろ

その子の持っている力を信じて

転んでも自分で立ち上がる

必ず成長すると信じ切る

子どもを信頼すること

 

でもね、母の心の根っこに

自分を信じられない、

自分が好きじゃない気持ちがあると

 

自分=子どものことが信じられず

不安が大きくなります。

 

そこを認めて、向き合っていくことが先ですよ

急がば回れ

そうすると、生きやすくなりますよ

 

 

無料体験30分カウンセリング

初回の方はこちらからお選びください。対面だけではなくZOOMでも対応をしていくことができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です