子供がなかなか寝ない…
幼いころから寝つきが悪くて時間がかかる
そして、自分で起きられない
アスペルガーの子供の特徴のひとつ
眠りについて関連する体の熱管理も含めて
書きますね。
ところで、先日の東京は台風一過で
最高気温37度ありました。
普段から汗をかきにくい人は
要注意
カラダの中の余分な熱を
捨てにくいのです。
エアコンや水分補給以外にできること
書きますね。
一番のオススメは
氷のうで頭を冷やしてください。
氷のうがなければ
ビニール袋に氷と少しのお水を入れて
頭と首の境目あたりにあてて
日本手拭いでおでこの上で縛って固定すると
家事も仕事も?動きやすいです。
時間は、20分位が目安です。
冷却シートなどは
冷感はありますが
体内の熱を奪うには
冷却シート1枚分では
総量が足りません。
人体の発熱量ですぐにあったまって、
熱がこもりやすくなります。
氷(固体)が水(液体)に変わる時
カラダにこもった余分な熱を
奪ってくれます。
人のカラダはもともと
水分60〜70%でできてるので
媒介するのは同じ水を使うのが
よいですよ〜
さて、寝付きの悪いお子さん
いませんか?
そんな時は、氷枕をオススメします。
頭が興奮状態で
寝れないとき
大人もありますよね。
例えるなら、
車のアイドリングしっぱなし
エンジンが切れていない状態です。
かつての息子の特性として
物事の切り替えが苦手
集中力はダントツでも
夢中になると
寝ない食べない
興奮状態…
実家に泊まりに行くなど
環境が変わること
新しいゲームを
やってみたなど
沸点MAX
ゼロ百どちらかしか
ありませんでした。
パンダは白か黒
そして、体感覚(自分の身体の感覚)
に気づくのが遅いことと
眠気を覚え寝落ちする寸前で
気づきます^^;
自分のことを言葉で
説明できるようになり、
理解できました。
それまで頭が活性化して
動いています。
脳内の神経回路が活性化
(電気信号のやりとり)
東洋医学的に言うと
気が上昇しています。
頭寒足熱の逆です。
すなわち、脳内クールダウンすると
寝付きがよくなりますよ。
夏場は特におススメします。
寝つきが悪い子供もグッスリです(^^)/

お申込みはこちらへ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です