こんにちは、安藤みずえです。

GW最終日ですね。 

新緑のきれいな季節

植物がぐんぐん育つ以上に

子どもも日々育っています。

 

思春期以降になると自我が育ち

自分と周りを比べ

なぜ違うのかと悩むことがあります。

 

親に言える子もいれば、言わずに抱える子もいます。

  

人間完璧な人はいなくて

得手不得手は誰にでもありますよね。

 

しかし、発達の凸凹が大きいと

子どもも大人も生きづらさとなります。

  

そんな時は、

現在地点を把握することがスタートです。

  

できていること、得意なことを認め

その上で、自分の苦手を知ること。

   

この苦手や、できていないことを

子どもが自覚し、そこからどうしたらいいかがわかると

ぐんと成長します。

  

そもそも、そこが自覚できていないのです。

子どもは視野が狭いから

自分中心にフォーカスします。

 

ましてや、人に関心がないと

その違いに気付けません。

  

苦手を把握し、

少しずつ取り組むと成長を促します。

  

ただし、ダメ出しが目的ではありません。

今までやってきたこと

できていることもちゃんと認め成長を促します。

やじろべいのようにバランスとりながらですね(^^)/

  

大人も子どもも自分に可能性を感じたら

やってみようとなりますよね。

  

子どもは親の言葉より

行動をマネします。

  

母としてこれまであたりまえにやってきたこと

得意なこと、ちゃんと認めてくださいね。

   

そして、その上で先延ばししていることや

避けていること、苦手なことに取り組むと

子どもはちゃんとマネしますよ。

   

思春期以降の子育てを

難しいと感じている方は

ぜひお試しください。

   

おすすめメニューはこちらから

お気軽にご相談ください。30分初回無料カウンセリングはこちらから↓

https://karadacocoro.com/first-counseling/

 

カラダを根本的に楽にしていきたい方はこちらから↓

https://karadacocoro.com/about-operation-menu-and-contents/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top