今日は娘の高校の保護者会に行きました。

2年生になったので受験の話題が出てきます。

 

実際に受験の結果がよいのは

どんな子どもかというと

あたりまえのことをちゃんとやる子

だそうです。

 

基本的な生活習慣ができるのは

自己管理ができているから

勉強の自己管理ができれば

確かに受験結果につながりますよね。

 

いつも家の中をピカピカにできていない私は

少し小さくなっていました(-_-;)

やるべきことをやるは子どもも大人も一緒ですね。

 

そして、クラスはほとんどがはじめましての方ばかりで

一人一言の自己紹介がありました。

「うちの子どもは○○ができなくて…

みなさん、仲良くしてください」

(高校生ですから、きっと大丈夫ですよ~)

 

「みなさんのネガティブな発言を聞くと

うちの子も全然できていないので安心します…」

(いやいや、子どもが全然勉強してないと言っても、

本当は陰でやってるパターンと一緒

できていないのレベルが違うから鵜呑みにしちゃいけないわ…)

と心の声がささやいていました。

 

事実+勝手な解釈妄想傾向

これは、私の思考パターンです。

自分が普段から心の中で人にツッコミを入れてると

それが人からも同じように見られてる気がして

余計に人間関係疲れやすくなります。

 

まずは、自分のハラグロの声を拾いながら

自分に返します。

 

例えが極端になりますが、

つい自分を責めがちな人は

自分が人を勝手に解釈して

心の中で先に責めてるから

人に放った思いや言葉はよくも悪くも

必ず自分に返ってきます。

そんな時は、今までやってない真逆をやります。

この方の素敵なところ、

いいところはどこだろう?

そう思うと探しに行くので

見える世界が少しずつ変わってきます(^^)

新しい季節、人との出会いの中から

自分の偏りに気づき、

親子で成長する機会になります。

 

 

無料体験30分カウンセリング

初回の方はこちらからお選びください。対面だけではなくZOOMでも対応をしていくことができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です