こだわりの強さに手を焼く時

Home » こだわりの強さに手を焼く時


こんにちは、安藤みずえです。

GW後半戦いかがですか?

今日の東京は暑くなりそうです。

 

私は今日も施術の仕事です。

からだと対話することは、とても興味深く

いろいろなメッセージを受け取ります。

 

さて、今日はアスペルガー子育てについてです。

 

その特性で最も手を焼いたのは

こだわりの強さでした。

 

予定の途中変更がきかなかったり

好きなものだけ突き詰め

ほかのことは興味なし

人に合わせるのは苦手

自分のやり方を通したい長男

 

それが日常茶飯事なので

イライラしながらも面倒になり

こっちが折れて主導権を子どもに渡し

親の軸がありませんでした。

 

子どもの気持ちを受け止めてもキリがなく

ワガママになり社会性がつきません。

生まれつきだから仕方ない、

できることをしようと取り組んでも

年齢を重ねる程に周りとの関わりが課題になりました。 

子育ての軸は

必ず子どもが成長すると信じること。

そして、孔子の言葉で「漁夫の利」という言葉があります。

魚を捕って与えるのではなく

魚の釣り方を教えるという意味です。

すなわち、大人になった時に社会に出て生きていくには、どう育てたらいいか?

そこが親として問われます。

ちょっと重く感じるかもしれませんが

親が方向性を定めれば

必ず道は開きます。

6月29日仲間の先生方と子ども発達成長セミナー開催します。

初めての方にもわかりやすい内容です。

ぜひいらしてください。

https://www.facebook.com/events/887113901634672/?ti=icl

おすすめメニューはこちらから

お気軽にご相談ください。30分初回無料カウンセリングはこちらから↓

https://karadacocoro.com/first-counseling/

Road to mom(母への道) 育てにくい子の育つ力を引き出す5つのヒント↓

https://karadacocoro.com/road-to-mom/

カラダを根本的に楽にしていきたい方はこちらから↓

https://karadacocoro.com/about-operation-menu-and-contents/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top