ぐっすり眠るには?

発達障がいの子育てで睡眠のお悩みをお聞きします。

 

実際私もそうだったので、よくわかります。

 

そして、子どものことであれこれ悩んで

心配事が増え、お気持ちが不安定になると

眠りが浅い、熟睡できない、不眠のご相談も

親御さんからお聞きします。

 

実際私も過去数年にわたり、心休まらず

まともに眠れなかった経験があるので

お気持ちよくわかります。

 

そこで昨日は、ぐっすり眠れていますか?

と言う記事を書きました。

今日は、その続きです。

 

ぐっすり眠るために歩行がよいと

書きましたがその理由をご説明します。

 

まず、夜眠くなるためには、脳内で夜分泌される

メラトニンというホルモンがあります。

 

そして、このメラトニンの材料になるのが

昼間分泌される脳内ホルモンのセロトニンです。

 

セロトニンは、幸せホルモンと呼ばれ

・幸せな気持ちを保ち、

・感情、気分のコントロール

・心のバランスを保ち安定させる働きがあります。

 

そこで、セロトニンの合成を活性化させるには

・朝陽を浴びること

・一定の動き(リズム)を継続する運動

 =歩行20~40分、よく噛むこと、呼吸

・たんぱく質を摂取すること

・お笑い

これらが必要です。

 

メンタルからの働きかけがありますが、

からだからの働きかけとして、上記を親子で

できるところから試されるのもありですよ。

 

スモールステップで一歩ずつ進みましょう。

  

 

おすすめメニューはこちらから

お気軽にご相談ください。30分初回無料カウンセリングはこちらから↓

https://karadacocoro.com/first-counseling/

Road to mom(母への道) 育てにくい子の育つ力を引き出す5つのヒント↓

https://karadacocoro.com/road-to-mom/

カラダを根本的に楽にしていきたい方はこちらから↓

https://karadacocoro.com/about-operation-menu-and-contents/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です