『なぜ、言われたことをすぐ忘れるの?』

Home » 『なぜ、言われたことをすぐ忘れるの?』

お子さんに伝えたはず

なのにしょっちゅう

「言われたことを忘れる」

そんなことはありませんか?

まず、我が子や受け持ったお子さんが

言ったことをすぐ忘れるタイプだと 

イラッとしたり、戸惑うことがあるでしょう 

.

しかし、それ以上に 

子どもは自分に自信が持てず、 

自己肯定感が育ちにくくなり、 

やる気の低下など 

悪循環の要因の1つになります。 

.

ましてや、年齢が大きくなるほど 

周りとの違いに気づく子もいるでしょう。 

.

生きづらさを抱えたまま社会に出る前に 

なにかできることはないのでしょうか? 

.

ところで、 

【なぜ、言われたことをすぐ忘れるのでしょう?】 

.

それは子どもの発達障がいの特性の1つ 

ワーキングメモリの弱いお子さんに見られます。 

.

・ワーキングメモリ(Working Memory)とは? 

認知心理学において、 

情報を一時的に保ちながら操作するための 

構造や過程を指す構成概念です。 

作業記憶、作動記憶とも呼ばれています。 

(ウィキペディアより引用)

.

私は、幼いころから長男のアスペルガー子育てに

とても悩みました。

  .

やがてフラクタル心理学を学び、実践すると

長男のトラブルがなくなり、ぐんぐん成長しました。

現在、理系私大に通っています。

   ..

子どもも不登校など経験しましたが、

私自身が精神的にかなり参った時期がありました。

  

しかし、そこから親子で乗り越えてきました。

現在お悩みのお母様向けに、カウンセラー活動を通して

発信を続けています。

   

そして、全国発達障がい成長と能力開発の会

「ぐろういんぐ」を

療育の先生、特別支援級の先生、放課後ディ施設長の先生

発達障がいの子育てと向き合ってきたお母様と

2016年に会を立ち上げ、代表を務めております。

   

今回、久しぶりにぐろういんぐの

第10回【子ども発達成長セミナー】を

6月29日(土)開催いたします。

   

テーマ「言われたことを忘れる!」

①話を聞いていない

②何度も言った

③言ったそばからすぐ忘れる

   

今回のぐろういんぐのセミナーでは、

小学校特別支援級教諭 瀧尾先生から

ワーキングメモリの弱い子ども達に行っている

対処法や鍛え方など

いくつかご紹介いたします。

   

かく言う私もワーキングメモリは

決して大きくありません。

   

やることが多くなると

頭の中がごちゃごちゃしてきます。

予定にない、想定外の出来事が起きると

アタマ真っ白になるタイプです。

   

そして、覚えることが苦手、

忘れ物が多い大人の方にも

応用できそうですね。

    

ご検討中の方、ぜひいらしてください。

・・・・・

◇2019ぐろういんぐ

第10回子ども発達・成長セミナーは

6月29日(土) 開催

時間10~12:30です。

会場ユニコムプラザさがみはら

ミーティングルーム4(定員25名)

お母様や先生方のイライラ、困った時

対応策どうしてる?などをお話します。

ぐろういんぐ各専門家からの

意見を交えたパネルディスカッションを行います。

久しぶりの開催になります。

   
お申込先はこちらから

申込先:https://55auto.biz/cocoyui/touroku/entryform5.htm

ご参加お待ちしています。

==========

②ぐろういんぐHP http://www.grownup.jp/
毎週月曜更新中、各コーナーご紹介します。
・第1週 【たっきー先生のちゃいるどコレクション】

・第2週 【ゆき先生の知恵袋 Q&Aコーナー】
・第3週 【「就学までになんとかしたい」を叶えよう】
・第4週 【お母さんのからだと心をつなげる健康美人科】

=====

おすすめメニューはこちらから

お気軽にご相談ください。30分初回無料カウンセリングはこちらから↓

https://karadacocoro.com/first-counseling/

Road to mom(母への道) 育てにくい子の育つ力を引き出す5つのヒント↓

https://karadacocoro.com/road-to-mom/

カラダを根本的に楽にしていきたい方はこちらから↓

https://karadacocoro.com/about-operation-menu-and-contents/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top